クラウドを使った会計ソフトを導入するメリットとは

色々な機器から利用ができる

会計ソフトを使うとき、通常はパソコンなどにインストールをします。インストールをしたパソコンでしか使えないので、経理担当者しか操作ができなかったりします。複数人で利用する時にはライセンスなどを購入して使える時もありますが、その分費用が掛かります。データを少し見るためだけにライセンスを買うのも無駄に感じるでしょう。クラウド会計では、クラウド上にソフトもデータもあります。利用契約を結ぶとログインパスワードなどが渡されるので、インターネットを通じて利用します。インターネットが接続できればパソコンでもタブレットでもスマホでも操作や情報のチェックができます。経理部以外の経営者がデータを見たいときも、簡単にチェックができます。

自分で保管するよりも安全

会計データは非常に重要です。会社の売り上げ状況、経費の状況が分かるだけでなく、取引先などもわかります。流出すれば、競合先などに情報が分かり営業に支障が出る可能性があります。今はどの会社でも誰でもウィルスなどに感染する可能性があり、データの流出の恐れがあります。流出しては困るデータは、確実に管理をしておく必要があります。クラウド会計では、クラウド上でデータを保管する仕組みになっています。つまりは利用者の機器に保存はしません。仮に利用者の機器にウィルスが入り込んだとしても、経理データなどが流出する危険はありません。クラウド上で管理されているデータはセキュリティに守られた環境で保管されているので、自社保管よりも安全と言えます。